モンタナ・メールマガジン

無料メールマガジンのお申し込み

モンタナの景色

 『メール・モンタナ』ではご登録頂いた方に、毎月モンタナの最新情報や楽しいトピックスをお届けしています。メールマガジンの内容は、モンタナへの留学をお考えの方や、観光を考えていらっしゃる方の情報収集にもお役立て頂ける内容や体験記など、メールマガジンだけの情報も配信しております。ぜひ、ご登録ください。

メールマガジンを登録(または解除)をご希望の方は以下のいずれかにご自分のメールアドレスを入力してください。

ご登録
解除

メールマガジンのサンプル

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
MAIL MAGAZINE "MONTANA EXPRESS 2007"
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ビッグスカイカントリー・モンタナの観光情報や留学・ビジネス等のマガジン
モンタナ州政府駐日代表事務所 http://www.bigskyjapan.com/

2007年2月号
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 「冬本番!」と言いたいところですが、今年は暖冬のせいで、もう春が来てしまったような気分になってしまいますね。地球温暖化の影響で冬がどんどん暖かくなってきているのでしょうか。このまま温暖化が進行すると、地球上にある氷河が次々に姿を消してしまうことにもなりかねません。温暖化を止めるために個々人が出来ることは限られていますが、ゴミの減量や節電など出来ることから少しずつでも努力したいものです。とはいえ、規模が小さくなっていく可能性のある氷河などの観光資源は、今のうちに見ておいたほうが良いかも?!今年は是非、自然を体験しに出かけましょう!!

今回の目次
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【クイズ】モンタナ・トリビア【第13回】
【ニュース1】2007年お年玉プレゼント受付終了
【連載1】モンタナをドライブ!【第2回】
【連載2】ビッグ・スカイ・カントリーの秘湯名湯【第2回】
【特集】IとYを間違えて、ビッグ・スカイ航空で目指したオーストラリア
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

クイズ! モンタナ・トリビア【第13回】
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 先月は、州内のアメリカ先住民の人口についての問題でした。様々な人々が州内に居住していることが分かりますね。今回は、モンタナ州の生き物についての問題です。モンタナ州には何種類の魚が生息しているでしょうか。

[A]70種
[B] 90種
[C] 110種

 答えは最後にあります。釣り好きなら予想できるかも?!
Source: "MONTANA TRIVIA" Janet Spencer

ニュース1:2007年お年玉プレゼント受付終了
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 2007年お年玉プレゼントに多数のご応募を頂きまして、有難うございました。発表は発送を持って替えさせて頂きましたので、ご当選された皆様のお手元にモンタナ・シルバースミス社のキーホルダーが近日中にお届けできると思います。是非ご愛用ください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆先月から毎月、ドライブに最適なモンタナ州内の景色の良いルートや、車で行ける温泉などのデスティネーションをご紹介しています。「ビッグ・スカイ・カントリー」をレンタカーで縦横無尽に旅するのも良いですし、温泉やスキーなどのリゾートへ行くのも。皆さんの旅行計画に是非ご活用ください!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

連載1:モンタナをドライブ!【第2回】
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 全米各地で素晴らしい景色のルートを認定した「シーニック・バイウェイ」。今回は、5ヶ所あるモンタナ州のシーニック・バイウェイから「キングス・ヒル・シーニック・バイウェイ」をご紹介します。
 ルイス&クラーク・ナショナル・フォレストやリトル・ベルト・マウンテンズを過ぎて続くキングス・ヒル・シーニック・バイウェイを旅すると、モンタナを代表する険しい山々の美しい風景や新鮮な澄んだ空気などをのんびりと味わうことができます。ハイウェイ89号線に沿って伸びるこの約110kmのバイウェイは、山々の中に存在する自然のままの湖や川を抜けて続き、その周囲には様々な野生動物が数多く生息しています。ハイウェイを十字に横切っている砂利道は、約700kmもの長さを誇り、壮観な景色を見せる山々や高山湖、トレイルの入り口、キャンプ場そして古い鉱山などへ行くことができます。キングス・ヒル・パスのちょうど南に位置するショーダウン・スキー場は、標高差が約400mあり、34ものコースを備えています。釣りや川下り、マウンテンバイク、乗馬、スノーモービルなど、山に恵まれたこの地域で楽しめるアクティビティは多彩です。
 また、ショーダウン・スキー場の北にあるキングス・ヒル・スノーモービル用駐車場から約300kmに渡って、標示付きのスノーモービル用トレイルを利用することができます。同じ所から、シルバー・クレストにある約30kmに渡るクロスカントリー用トレイルを利用することも可能です。整備されたトレイルが3ヶ所と整備されていないトレイルが1ヵ所となっています。
 キングス・ヒル・バイウェイ沿いで楽しめるレクリエーションには、他にも、ハイウェイ12号線のマーティンデール・ランプから約1.5km南にあるチャールズ・M・ベア・ミュージアムやホワイト・サルファー・スプリングスにあるキャッスル・ミュージアム、ベルトにあるベルト・ミュージアムなどがあります。グローリー・ホールやニーハート・スターなどのモンタナ州にある歴史ある採掘場も見ることができます。また、予約が必要となりますが、約60kmに渡って美しいスミス・リバー下りを体験したり、ホワイト・サルファー・スプリングスでは、ミネラル温泉を楽しむこともできます。レイク・サザーリンやニューラン・クリークでは、ボート遊びをできますし、探検に最適な約1,400kmものトレイルもあります。
 キングス・ヒル・シーニック・バイウェイは、USハイウェイ89号線とUSハイウェイ12号線のジャンクションから始まり、ルイス&クラーク・ナショナル・フォレストを抜けてUSハイウェイ87号線とのジャンクションまで、北へと続きます。冬季は道路状況があまりよくない可能性もありますので、必ず確認したうえでお出かけください。基本所要時間は2時間。約110km。

URL>> http://visitmt.com/categories/moreinfo.asp?IDRRecordID=11884&siteid=1

連載2:ビッグ・スカイ・カントリーの秘湯名湯【第2回】
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 みなさん、温泉は日本だけの文化だと思っていませんか? 実は、モンタナ州にも沢山の素晴らしい温泉リゾートがあります。毎月1ヶ所ずつご紹介致しますので、是非モンタナを旅行する際に訪れて、旅の疲れを癒してみてはいかがでしょう。今月は、ロロ・ホット・スプリングス・リゾートをご紹介いたします。

 ロロ・ホット・スプリングス・リゾートは、ミズーラから南西へ約60km、ハイウェイ12号線西沿いに広がるロロ・ナショナル・フォレスト内にある0.5平方kmの私有地に建てられています。ライブ・エンターテイメントの行われる大広間やレストラン、美術館、天然ミネラル温水プールなどがあります。RV車用キャンプ場やテント、電気コンセント、ゴミ回収所なども備えられています。60ヶ所のテント用スペースや70ヶ所のRV車用スペースに加え、お風呂、シャワー、ピクニック・エリア、バレーボール用ネット、蹄鉄を整える場所などもあります。釣り、ハイキング、水晶探し、ガイド付き乗馬などのアクティビティも楽しめます。スノーモービル用のトレイルが約500kmに渡って整備されており、スノーモービルのレンタルも可能です。団体旅行や親睦会、会社のパーティなどにもご利用いただけます。詳細やご予約は、stoen@lolohotsprings.comへご連絡を頂くか、http://www.lolohotsprings.comで見ることができます。

 ロロ・ホット・スプリングス・リゾートは、ハイウェイ12号線西にあり、ミズーラからハイウェイ93号線南をロロに向かって16km進み、ハイウェイ12号線西へと右折し、約40kmとなります。ハイウェイの両側に広がっており、アイダホ州から11kmのところにあります。

URL>> http://visitmt.com/categories/moreinfo.asp?IDRRecordID=321&siteid=1

特集:IとYを間違えて、ビッグ・スカイ航空で目指したオーストラリア
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 恋するドイツ人男性が、オーストラリア・シドニーにいるガールフレンドに会うつもりで乗った飛行機で行き着いたのは、別の大陸。モンタナ州シドニーに降り立ってしまったのです。
 ロイター通信によると、トビアス・ガットさん(21歳)は4週間のクリスマス休暇を南半球で過ごすために飛行機に乗りましたが、オレゴン州ポートランドに着いた後、19席のターボプロップ式飛行機に乗り、ミズーラ、ヘレナを経由し、ビリングスへと到着しました。正しい方向に向かっているのか疑問に思ったにも関わらず、「心の中で、きっとアメリカを経由してオーストラリアに飛べるんだと思いました」と、彼はドイツのビルト誌に語っています。しかし、ヘレナからビリングスへ向かう途中、彼がインターネットで航空券の予約をしたときにタイプミスをしたせいで、間違ったところへ向かっていることが、分かったのです。
 「彼がオーストラリアのシドニーに向かうということを人々に話し始めたことで、周囲が気づいたのです」と、ビッグ・スカイ航空のフレッド・デレーウ社長。
 このストーリーは、ドイツのビルト誌が掲載した後、インターネット上で急速に広がり、CNNでも取り上げられました。彼はビリングス空港で3日間を過ごしたとニュースで伝えられましたが、実際は、そうではないのです。夕方、ビリングスにあるローガン国際空港に着く前に、心優しい乗客が彼にいくらかお金を渡していたようです、とデレーウ氏。そしてある女性は、自分の娘の友人がビリングスにあるブートヒル・イン&スイーツの支配人、シェリー・マンさんだったため、彼が無料で泊まれるように手配したのです。
 「彼は取り乱していましたし、どうしていいのか分からない様子でした」とマンさん。「心配せずにはいられませんでした。」
 片言の英語しか話さないガットさんは、ガールフレンドに会えないと分かるととても悲しみました。「一緒に座って、もらい泣きしてしまいました」とホテルのフロント係のドロシー・リンダーマンさん。彼女は次の日の朝、ノースウエスト航空に連絡を取り、彼をデンバー行きの便に乗せてもらえるように交渉しました。「クリスマスですし、誰かが彼のために何かしてあげないと、と思ったのです」とリンダーマンさん。彼女は、このストーリーがインターネット上で広がったのを知って、とても驚きました。「偶然にも、私たちのこの小さなホテルに彼を泊めてあげられたなんて。」
 彼に手を差し伸べた人々は、他にもいました。ビッグ・スカイ航空のパイロットは彼をサブウェイに連れて行き、食事をご馳走したそうです、とデルーウ氏。ビッグ・スカイ航空に務めるそのパイロットの妻はドイツ語を話すため、ガットさんが家族に連絡を取れるよう手伝いました。
 ガットさんがビリングスで何日過ごしたのかは不明ですが、ホテルには一晩だけ泊まったようです。彼は数日間、ビリングスに滞在したと思われますが、空港で寝泊りしたことはなかっただろう、とデルーウ氏。
 ビルト誌によると、彼はデンバー、そしてロサンゼルスに行き、友人や家族が集めた600ユーロの旅費で、そこからオーストラリアへ向かったとのこと。家族は、お金も持たずにひとりで「アメリカのどこかだか分からないところ」にいる彼をとても心配したそうです。
 しかし、彼が間違ってやってきた初めての旅行者ではないのです。デルーウ氏によると、去年、オーストラリアに行くはずだった若者がモンタナ州のシドニーにやってきたこともあったそうです。ビッグ・スカイ航空に手伝う義務はなかったのですが、それでも、オーストラリア行きのチケットを買ってあげたとのこと。
 モンタナ州のシドニーはSidneyとiが使われているのですが、オーストラリアのシドニーはSydneyとyが使われています。また、モンタナ州シドニーの空港コードはSDYで、オーストラリアのシドニーはSYDです。
 「旅行代理店の担当者と話さずに予約する人々が増えてきたことで、最近頻繁にこういうことが起きています」とデルーウ氏。「今はすべてインターネットで済んでしまうので、モンタナ州のグラスゴーをスコットランドだと思ってやってきた人もいたくらいなのです。」

Source: By KAREN OGDEN, Great Falls Tribune, January

クイズ:モンタナ・トリビア 【第13回】の解答
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 答えは [B] 90種 
 ちなみに、90種のうち56種が在来種です。

次回もお楽しみに!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
モンタナ州政府駐日代表事務所 http://www.bigskyjapan.com/
お問合せなどは info@bigskyjapan.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■